Category Archives: LUMIX G 20mm F1.7

ROUTE66 / Sun Shake

2代前の会長のお誕生会があり、私の前3代の会長と歴代副会長、各職の方が集まりました。二次会は、ライブハウス ルート66 。個人的にはこういうキッカケがないと行かないお店で、60年代とか70年代はサッパリなわけですが…Sun Shakeさんのステージを楽しんできました。

カメラ的には、OLYMPUS AIR A01にとって初めての環境なので、テスト兼ねて撮りましたよ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

暗い店内、明るいステージ。

LUMIX G 14mm / F2.5 とLUMIX G 20mm / F1.7は強みを発揮します。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

歌が上手かった!!

熊谷さんも渋谷さんもとても上手くて、それを見越してリクエストを送るエロ仙人の姿がありました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS AIR で良くやる、See Look up。

こういう天井は、なかなか無機質で面白いです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いつもは、座って飲みながら踊っている人を眺めて楽しむ(笑)のですが、今回は引っ張りだされてしまった…。暑かった〜。でも、楽しかった ^^

このあと、二次会で解散にならず、三次会はカラオケだったのでした。

みなさん、元気…最年少の私が一番元気ない(笑)

カラオケ、来月の歓送迎会二次会に向けて、何か仕込まないとなぁ…

OLYMPUS AIR A01到着!

3月6日発売予定が延期になり、だいぶ待たされた感がありましたが…3月25日、ついにOLYMPUS AIR A01が到着しました!待った分だけワクワクしていますが、ひとまず落ち着いて…パッケージを眺めます。

写真は、液晶タッチパネルの不具合があり近々入院予定の、LUMIX GX1とLUMIX G 20mm/F1.7の組み合わせです。

P1010835

白いパッケージは、とても清潔感があります。

箱の大きさは、横15センチ×高さ9.3センチ×奥行き9.3センチ。

思っていたよりコンパクトなパッケージです。

P1010834

箱の表示も色々書いてありますが、概ねシンプルな印象です。

さぁ、箱を開けてみましょう。

P1010837

すると、あら…やっぱり。本体の大きさはコレだけ。

そりゃそうですよね。もっと箱を小さく出来たかもね…。

P1010838

マウントのフロントキャップ。

今までPanasonic製のM4/3カメラしか使ってこなかったので、OLYMPUSのロゴがとても新鮮です。これから、お世話になります。

P1010839

このマウントと、内部の感じは見慣れたものと同じ。特殊なボディを持つOLYMPUS AIR A01ですが、ちゃんとM4/3のカメラなのです。

シャッターは、電子シャッターのみ。なので、物理的なシャッター音はありません。

OLYMPUS機としては珍しく、ボディ内手ぶれ補正もありません。

私の所有するM4/3レンズ群はPanasonic製のものばかりなので、レンズ側に手ぶれ補正が付いています。効果の程も楽しみですが、常用レンズは14mm単焦点なので関係ないか…。

P1010840

AIRカップリングを開いたところ。

ここにスマートフォンを取り付けて使います。

P1010841

AIRカップリングを閉じ、いよいよ単焦点レンズを取り付けてみました。我が家のレンズ群の中で、最小サイズの構成になるのがこの組み合わせ。スマートフォンを使わず、ブラインドで撮影する場合はこれだけで…ってことも可能ですね。

P1010842

先日購入したLUMIX G 35-100mmレンズとの組み合わせ。すごいことに、この組み合わせでも全く大きいとは感じません。この2種のレンズを常用しようと企んでいます。

P1010843

O.A.Central アプリをダウンロードし、手順に沿って設定を開始します。

購入しておいたMicroSD 16GBをセット。

P1010844

その他、純正のアプリ群をダウンロードして接続設定も行います。画面の指示に従えば、そんなに難しいものではありません。

自宅Wi-Fiにスマートフォンが繋がっている場合、OLYMPUS AIRのWi-Fiへの繋ぎ直しが必要な場合もあります。

購入しておいた、ハンドストラップSPUTNIKをAIRカップリングにセットしてみました。

P1010845

これで、各種設定と撮影の用意が整いました。

ブラインド撮影から、普通のカメラのようにモニターを使っての撮影まで、いろいろ楽しめそうです。

近々、テスト撮影したい…できたらいいな、明日!!!

六本木ヒルズ

2012年8月、某クラスタのお姉さまたちと六本木ヒルズへ行った時の写真です。

あまり夜の撮影はしないので、とても新鮮な感じ。

P1000025

屋上がライトアップされていて、それを見に行ったんだっけ?

 

P1000036

なんか立ち姿がかっこいいぞ、姐さん。

 

P1000044

青系のライトを浴びて…

P1000029

ちょっと設定すれば、こういう写真は撮れちゃうものですね。

とても綺麗だった覚えがあります ^^

 

鳩、人馴れしすぎ

このページに載せた写真は、たしか鎌倉ですね。

たしか鶴ヶ岡八幡宮 の源平池、旗上弁財天社のあたり。

なかなか強心臓な鳩がおりましてね、手に乗るは、肩に乗るは。

P1050268

そもそも、この辺りは鳩が多いです。

平和の象徴などと言われるハトさんですが、駅前以上にたむろしている姿はなかなか圧迫感があります。

P1050275

またこの子、悪そうな目つきしてるでしょう(笑)

旗上弁財天社では、鳩の餌を販売していたと記憶しています。

P1050277

もう、手だろうが腕だろうが…

P1050278

子どもの肩だろうが(笑)

うちの息子も、野鳥の鳩が肩に乗るのは予期していなかったらしく、笑いつつ腰が引けてました。文鳥を肩に乗せるのとは全然違うからね…。

年末年始や観光シーズンを外して、のんびり撮影に訪れたいものです。

ネコと単焦点レンズ

ネコはよく撮る被写体でしたが、最近撮ってないなぁ…江ノ島行きたいです。暖かくなったら行こう!

来週末には、OLYMPUS AIR A01が届くし♪ AIR A01はLUMIX G 14mm F2.5と、もう一つ「LUMIX G 12-32mm F3.5-5.6」を常用レンズ候補に挙げています。24mm相当と広角なのと、軽量コンパクトなズームレンズなこと。これは魅力的です。

P1040709_sp_s

本題に戻りましょう。

このページの写真は、時期は違えど全部江ノ島ですね。

P1040725_sp_s

このネコさんは、だいぶ自由な感じ。単焦点レンズですのですぐ近くで撮っているのですが、お構いなし。のんびり顔です。

 

P1010006

遠くを見ちゃってる系。モノオモイに耽る…ではなく、鳥でもいたのでしょう。

 

P1010007

ネコといえば、なぜかキチンと座る。前脚は揃ってる。これが、素敵!!

 

P1010005

身だしなみは、大切だよね。

外ネコさんたちですが、代替わりしつついつも良い表情を見せてくれます。

STARTREKと屋内撮影

私は、STARTREKなる海外ドラマ&映画シリーズが大好きなのです。つい最近、映画STAR WARSを6作通して観たのですが、それでもやっぱりSTARTRKEKが好きなのです。

現代地球の延長線上にある、まさしく私たちの未来。そんな未来の宇宙を舞台に、魅力的なキャラクターたちが今と変わらず様々な想いを持って生きている姿。それが好きなのです。

P1000018

TFK(Ten Forward KAWASAKI)なるSTARTREKの会があり、時々参加しています。

最近は忙しく、なかなか顔を出せていないのですが…来月こそは。。。

時々、フィギュアの撮影会になったりするのですが(笑)それが楽しかったりします。

P1000009

薄暗い店内での撮影ですので、カメラ的には厳しい環境です。

それを手持ちで撮るのですから、手ぶれ必至な環境。

そんな時に、F1.7と明るいレンズの20mm 単焦点は重宝するのです。

P1000010

お気に入りの写真。

今年は、1回でも多くTFKに参加できますように…(祈

YAMAHA HPH-PRO500

YAMAHAが高級ヘッドホンに復帰しているのをご存知ですか?

私はずっと、4,000円台のPanasonicのヘッドホンを使い続けていたのですが、ふと見たYAMAHAのロゴが格好良くて調べだしたのでした。

…すると、まぁお高い(汗 最上位のは無理だなぁ…と、中級機のPRO400を視聴しに量販店へ行きました。

P1010809

YAMAHAのロゴ。
私は元々、ヤマハのピアノ技術者ですので、とてもとてもヤマハ製品が大好きです。

エレキアコースティックギターも、ホームシアターやスピーカー、エレキギター用のアンプもヤマハ。昔作曲に使っていた外部音源だって、ヤマハです。

 

さて、量販店にある試聴用PRO400で日頃聴いている音楽を再生してみると…4,000円台のヘッドホンを捨てそうになりました(笑)上を見たらキリがないと、今まで高級機の試聴を避けていたのですが…ここまで違うとは(愕然)

音のクリアーさはもちろん、音の分解感が違いすぎる。4000円台のヘッドホンが「音楽が塊で聴こえる」のと比べて「オーケストラの楽器の音色が聴き分けられるだけの詳細な情報がありつつ、一体感がある」そんな感じ。

 

P1010810

ヘッドホンは、こんなケースが付いています。
多分、私は普段使いしないと思いますが、しまって持ち歩けるのは便利そうです。

ふと、隣に最上位機PRO500の試聴機が…事前調査でPRO500は4.5万円ほどしていたので「絶対手が出ないけど、き、聴くだけならね」 と聴いてみたところ…

「あっ…PRO400より格段に上だわ…」
分解感が高いのはPRO400と同じですが、空気感と奥行き感がある。

そこからしばらく、PRO400とPRO500試聴ループ。同じ曲を聴き比べて、音の印象を確認、確認。

 

P1010814

この大きくデザインされているロゴがまた、格好いいですな。

色は黒と悩んだのですが、レーシングブルーが格好いいでしょう。

人の耳って、贅沢を覚えるとダメですね。もう4000円台のヘッドホンには戻れないし、PRO400の音にも戻れないのです。PRO500の方が重い…それを差し引いても、PRO500の方が良いという結論から変わることはありませんでした。

P1010815

バンド部分のロゴもかっこいい!

悩みつつ価格表示を確認したら、あれ??PRO400+1500円ほどで…買える。

えぇぇぃ、買ってしまえ!

レジに商品カードを持って行ったら、在庫無くて…取り寄せで今日の受け取りになりました。しかも、一時的にPRO400より安くなっていて、とても安価に買えたのでした。

購入価格がいくらでも、音の価値は変わりませんからね。

P1010816

折りたたみ収納できる機構が付いているので、こんな感じになります。

帰ってきて音を確認。

試聴用よりはまだ固いけど、やっぱりいい音です。満足♪

P1010812

YAMAHAロゴ、Mの中央が下に届いていないので、MusicのYAMAHAロゴですね。
音叉ロゴも、外円に音叉が触れていないので、音楽のYAMAHAロゴです。
Mの中央が下に届いているのは「MotorのYAMAHAロゴ」と言われます。
音楽のYAMAHAロゴなのに、カラーは「レーシングブルー」っていうのが面白いです。

ちなみに、高いヘッドホンを買うのだから…とbeats PROも試聴したのですが、クリアーさがYAMAHAの方が好みでした。
そんなわけで、GX1と20mm単焦点で購入Reportをお届けしました〜。(こじつけ)

 

植物・花と20mm単焦点

マイクロフォーサーズのレンズで評価が高いものの一つに、LUMIX G 20mm F1.7があります。

写りがよく、明るくボケ感も綺麗なので重宝するレンズの一つです。

掲載写真は、LUMIX GF1での撮影になっています。

P1010780_s

サボテンのトゲトゲ。

規則正しさがなんともいえない感じ。植物というか、生物に見える。

P1020981_s

花を撮るとき、20mm単焦点の特徴を活かす撮り方。

主役の花を決めて位置決め、ぼかす背景を選ぶ感じ。

P1010806_s

逆に花でも、ぼかしを使わずに平面的に切り撮る。

気に入っている写真の一つです。

 

LUMIX G 20mm F1.7なレンズは、とてもとても重宝するレンズです。後継レンズが出ているので、そちらの写りも気になりますが…そうそう同系統のレンズを買っていられませんね。。。

懐かしい江ノ島ネコ

P1040548_s

仕事で2ヶ月に1回のペースで江ノ島に行っていた頃は、よく猫さんたちの写真を撮りました。
この子は特に仲良くしていたネコで、こちらを覚えてくれていたようでした。

キリッとカッコよく目線をくれています。

何枚かまとめて写真を載せますね。

P1030179_s

P1040542_s

P1030173_s

P1030165_s_spこの子は、膝の上に乗ってきてしばらく寝ていたり(仕事なのでスーツですけどね…(^_^;))、舌を出して寝ていたり…

 

観光客の接待に疲れて、ずべっと前脚を投げ出して寝ていたりと、印象深いネコでした。

 

私の目の前を通るとき「にゃー」ってご挨拶してくれるんですよ〜。なんて可愛い。

 

ある時を境に姿を見なくなったのが、残念でもありました。

P1020613_sp_s

P1000628_s

またネコ写真を撮りに、のんびり江ノ島へ行きたいものです。

本革リストストラップ/SPUTNIK

OLYMPUS AIR A01が届くまで、まだ2週間強ほどあるのですが…受け入れ体制?必要そうな物の購入は徐々にすすめていきます。

大好きなブランドULYSSESさんのラインナップから「本革リストストラップ/SPUTNIK」です。

スプートニクは、人類初の人工衛星からとった名前ですね。OLYMPUS AIR A01の形状からして、まんま人工衛星に見えるかも?

P1010800

P1010802

前のバージョンのSPUTNIKは箱パッケージで届いたのですが、今のパッケージはこんな感じ。カラーバリエーション8色の中から、変化が楽しめるというインディゴにしてみました。

P1010804

パッケージの中は、こんなものが入っています。替えパーツも有り、長く使えますね。前のバージョンのSPUTNIKは2010年から使い続けていますので、耐久性は良さそうです。

P1010805

注意書きも入っています。

P1010806

前のバージョンのSPUTNIKと並べてみました。

基本構造は変わらないのですが、輪の部分の作りが変更になっていますね。縫ってある分、強度が上がっていると思われます。

手首に通してカメラを振り回すものではないですが、手が滑った時の安心としてOLYMPUS AIR A01との組み合わせはとても良いと思っています。実際に取り付けてみたら、また写真を載せてみます。

 

ULYSSESさんは、コダワリのある、そして品質の高い商品を作っているお店です。私は他に「木製リングストラップ/minimo」を沢山、「レザーストラップ/クラシコPP」などを愛用中です。

ぜひ、サイトを見てみてください。


■主な仕様
素材:牛革、樹脂
推奨荷重:400g以下
生産:日本製/ハンドメイド

価格:4320円(税込)送料別

CP+ 2015/LUMIX&THETA

IMG_0629

IMG_0630

CP+2015

…ということで、夕方からの参戦でした。

前の投稿でレポートしたOLYMPUS AIR A01以外というと、実はあまり見て回れませんでした。いつものPanasonic LUMIXでGM1やGM1s、GM5、GF7なども見ましたが、特別食指を刺激されることもなく…。私には握りにくい、操作しづらいカメラになっていて購入対象にはならず。今はGX1がベストなので、そろそろ正常進化版のGX2が欲しいです。GX7ではなくてね。

あと、やたら4Kをアピールしているのはちょっと辟易。なんか違うんだなぁ〜。G1やGX1が出た頃のワクワク感が最近ないのです。スペック過剰、使い辛いほどに小型化。ラインナップ細分化。

LUMIXは、次の展開を待つことにします。それまで、GH2とGX1を大切に使います。

P1010789

GX1のタッチパネルに少々不具合?があって診断スペースで診てもらったら、一箇所に変な圧がかかっているための不具合らしい。修理したほうが良いとのことでした。3月に入ったら、入院させるかなぁ〜。

P1010790

RICOHのTHETAには、興味津々。わっきさんと、ステージ講演を見てきました。

わっきさんの初期型THETA…お値段次第で引き取るかなぁ…。

 

IMG_0626

IMG_0627

わっきさん、動画用の撮影中…。

こうやって撮ってたんだ!!!!

 

このあとは、桜木町―中華街間を往復してからの飲み会へ…。

動画な人たちいっぱいでした。

LUMIX G 7-14mmの面白さ

 

超広角レンズって、ちょっと不思議です。魚眼レンズとも違う、不思議な感じ。

ニンゲンの視野角をはるかに超えた画が撮れるわけだから、それは妙なカンジがするわけですが。。。

P1010665

 

この写真、通路の奥まで見通せていながら、本来だったら視界の隅に少しだけ入る格子の窓が全部きれいに写っています。

マイクロフォーサーズの特徴でもあるDigitalで補正が入っているので、これだけの超広角でありながら格子が真っ直ぐで歪みが出ません。気持ち良いです ^^