Category Archives: Panasonic

熱海梅園 紅葉

IMG_2358

iPhoneケース展のスタッフさん、作家さん、関係者さんたちとの慰安旅行に行ってきました。行き先は、秋の熱海。なんだか食べてばかりの旅行でしたが、とてもとても楽しかったです。

熱海梅園で紅葉を見てきたのですが、この時点での紅葉は中途半端。

青い葉、紅葉、枯れた葉が混在していて、綺麗な場所、主役になる葉を探すのがとても大変。

そんな中撮ってきた2枚を載せてみます。

IMG_2359

これは、満足な出来かな。

まだまだ未熟なので、被写体を見つける目が足りないのです。

それを痛感する熱海梅園でした。

IMG_2358

この写真は、主役にしたい葉が1枚あって撮りました。

写真って難しい!!!笑

夏の忘れ形見

P1130075

これも多摩市。

駅近の公園に行った時の写真です。

見上げると、夏の忘れ形見を見つけました。

こんな高いところまで登ったのですね〜。

ひと夏の命を謳歌したでしょうか?

P1130075

STARGATE SG-1 F-302

P1060923

大好きな海外ドラマ「スターゲイトSG1」は、あの冒険野郎マクガイバーで知られる”リチャード・ディーン・アンダーソン”を主演に、魅力的なキャラクターで展開されるSFドラマです。舞台は現代、アメリカ空軍の極秘部隊STARGATE CommandのSG1が活躍します。

映画「スターゲイト」(カート・ラッセル/ジェイムズ・スペイダー)の後日譚でもあります。神を名乗る異星人と戦いながら、宇宙に進出していくわけです。

P1060917

現代地球の技術水準で異星人と戦い、次第にその技術レベルを上げていく過程でF-302という小型戦闘機を開発します。そうです、つい買っちゃいました(^_^;)

P1060923

元となった、異星人の戦闘機「DEATHGLIDER」を下敷きにしつつ、地球独自の意匠と技術が詰め込まれています。いやー、かっこいい。

P1060926

大気圏内、宇宙空間両用となっており、劇中では南極上空での大規模戦闘もありました。

USAFの文字も見えますね。

その、DEATHGLIDERも買っちゃっているので、追々…。

OLYMPUS AIR A01到着!

P1010834

3月6日発売予定が延期になり、だいぶ待たされた感がありましたが…3月25日、ついにOLYMPUS AIR A01が到着しました!待った分だけワクワクしていますが、ひとまず落ち着いて…パッケージを眺めます。

写真は、液晶タッチパネルの不具合があり近々入院予定の、LUMIX GX1とLUMIX G 20mm/F1.7の組み合わせです。

P1010835

白いパッケージは、とても清潔感があります。

箱の大きさは、横15センチ×高さ9.3センチ×奥行き9.3センチ。

思っていたよりコンパクトなパッケージです。

P1010834

箱の表示も色々書いてありますが、概ねシンプルな印象です。

さぁ、箱を開けてみましょう。

P1010837

すると、あら…やっぱり。本体の大きさはコレだけ。

そりゃそうですよね。もっと箱を小さく出来たかもね…。

P1010838

マウントのフロントキャップ。

今までPanasonic製のM4/3カメラしか使ってこなかったので、OLYMPUSのロゴがとても新鮮です。これから、お世話になります。

P1010839

このマウントと、内部の感じは見慣れたものと同じ。特殊なボディを持つOLYMPUS AIR A01ですが、ちゃんとM4/3のカメラなのです。

シャッターは、電子シャッターのみ。なので、物理的なシャッター音はありません。

OLYMPUS機としては珍しく、ボディ内手ぶれ補正もありません。

私の所有するM4/3レンズ群はPanasonic製のものばかりなので、レンズ側に手ぶれ補正が付いています。効果の程も楽しみですが、常用レンズは14mm単焦点なので関係ないか…。

P1010840

AIRカップリングを開いたところ。

ここにスマートフォンを取り付けて使います。

P1010841

AIRカップリングを閉じ、いよいよ単焦点レンズを取り付けてみました。我が家のレンズ群の中で、最小サイズの構成になるのがこの組み合わせ。スマートフォンを使わず、ブラインドで撮影する場合はこれだけで…ってことも可能ですね。

P1010842

先日購入したLUMIX G 35-100mmレンズとの組み合わせ。すごいことに、この組み合わせでも全く大きいとは感じません。この2種のレンズを常用しようと企んでいます。

P1010843

O.A.Central アプリをダウンロードし、手順に沿って設定を開始します。

購入しておいたMicroSD 16GBをセット。

P1010844

その他、純正のアプリ群をダウンロードして接続設定も行います。画面の指示に従えば、そんなに難しいものではありません。

自宅Wi-Fiにスマートフォンが繋がっている場合、OLYMPUS AIRのWi-Fiへの繋ぎ直しが必要な場合もあります。

購入しておいた、ハンドストラップSPUTNIKをAIRカップリングにセットしてみました。

P1010845

これで、各種設定と撮影の用意が整いました。

ブラインド撮影から、普通のカメラのようにモニターを使っての撮影まで、いろいろ楽しめそうです。

近々、テスト撮影したい…できたらいいな、明日!!!

六本木ヒルズ

P1000029

2012年8月、某クラスタのお姉さまたちと六本木ヒルズへ行った時の写真です。

あまり夜の撮影はしないので、とても新鮮な感じ。

P1000025

屋上がライトアップされていて、それを見に行ったんだっけ?

 

P1000036

なんか立ち姿がかっこいいぞ、姐さん。

 

P1000044

青系のライトを浴びて…

P1000029

ちょっと設定すれば、こういう写真は撮れちゃうものですね。

とても綺麗だった覚えがあります ^^

 

LUMIX G 35-100mm購入!試写

P1010831

OLYMPUS AIR A01の購入を前に、常用するレンズの検討を進めていました。2本持ち歩くうちの1本は、LUMIX G 14mm / F2.5 単焦点レンズ。コレには迷わないのですが、もう1本が悩みました。

当初は、LUMIX G 12-32mm 標準レンズで考えていたのですが、14mm単焦点と被るレンズだということと広角12mmが生きるシーンがどれだけあるかということ。いっそ、サイズの近い LUMIX G 35-100mmの方が活用しがいがあるのではと悩みに悩んで…「Panasonic 望遠ズームレンズ LUMIX G VARIO 35-100mm F4.0-5.6 マイクロフォーサーズ対応」を購入しました。

P1010832

14mm単焦点との比較。このサイズ感なら、持ち歩けます。

ズームレンズって、こんなに小さくなっているんですね。驚きました。

P1010824

朝早い時間でしたが、試写してきました。ワイド端の35mm(換算70mm相当)です。

P1010823

続いて、テレ端。100mm(換算200mm相当)の写真です。

最短撮影距離90cmなのですが、背景を選べばそれなりにボケてくれますね。

P1010829

テレ端をもう1枚。

バスを待つ一寸の時間で試写していたので、今日はここまで。

OLYMPUS AIR A01と組み合わせることで、どんな写真を撮れるのか。このレンズで撮るスタイルを作っていけたら楽しそうです ^^

鳩、人馴れしすぎ

P1050275

このページに載せた写真は、たしか鎌倉ですね。

たしか鶴ヶ岡八幡宮 の源平池、旗上弁財天社のあたり。

なかなか強心臓な鳩がおりましてね、手に乗るは、肩に乗るは。

P1050268

そもそも、この辺りは鳩が多いです。

平和の象徴などと言われるハトさんですが、駅前以上にたむろしている姿はなかなか圧迫感があります。

P1050275

またこの子、悪そうな目つきしてるでしょう(笑)

旗上弁財天社では、鳩の餌を販売していたと記憶しています。

P1050277

もう、手だろうが腕だろうが…

P1050278

子どもの肩だろうが(笑)

うちの息子も、野鳥の鳩が肩に乗るのは予期していなかったらしく、笑いつつ腰が引けてました。文鳥を肩に乗せるのとは全然違うからね…。

年末年始や観光シーズンを外して、のんびり撮影に訪れたいものです。

ネコと単焦点レンズ

P1040725_sp_s

ネコはよく撮る被写体でしたが、最近撮ってないなぁ…江ノ島行きたいです。暖かくなったら行こう!

来週末には、OLYMPUS AIR A01が届くし♪ AIR A01はLUMIX G 14mm F2.5と、もう一つ「LUMIX G 12-32mm F3.5-5.6」を常用レンズ候補に挙げています。24mm相当と広角なのと、軽量コンパクトなズームレンズなこと。これは魅力的です。

P1040709_sp_s

本題に戻りましょう。

このページの写真は、時期は違えど全部江ノ島ですね。

P1040725_sp_s

このネコさんは、だいぶ自由な感じ。単焦点レンズですのですぐ近くで撮っているのですが、お構いなし。のんびり顔です。

 

P1010006

遠くを見ちゃってる系。モノオモイに耽る…ではなく、鳥でもいたのでしょう。

 

P1010007

ネコといえば、なぜかキチンと座る。前脚は揃ってる。これが、素敵!!

 

P1010005

身だしなみは、大切だよね。

外ネコさんたちですが、代替わりしつついつも良い表情を見せてくれます。

STARGATE SG-1

P1060914

STARTREKと並んで大好きな海外SFドラマが「STARGATE」シリーズです。映画スターゲイト(1995年公開/カート・ラッセル/ジェイムズ・スペイダー)から世界観を拡げたTVシリーズとして制作されて、「STARGATE SG1」では10シーズン214エピソード+2本のDVD映画、「STARGATE ATLANTIS」では5シーズン100エピソード、STARGATE UNIVERSEでは2シーズン40エピソードが制作されました。

P1060912

作品の象徴とも言える、スターゲイト。これは、第3シリーズ「UNIVERSE」で登場した古い仕様のゲイトを模したコースターです。買ってしまいました ^^

IMG_0480

アメリカ空軍 F-302 INTERCEPTORと、DEATH GLIDER。

F-302はDEATH GLIDERを模しているだけあって、翼の感じが似ています。

IMG_0481

いやぁ、高かったけど買って良かった ^^

この2機の詳細な写真は、また改めて。

P1060914

スターゲイトシリーズ、大好きなので…

TVシリーズが再起動しないかなぁ〜。エメリッヒの映画でなくて。

 

STARTREKと屋内撮影

P1000010

私は、STARTREKなる海外ドラマ&映画シリーズが大好きなのです。つい最近、映画STAR WARSを6作通して観たのですが、それでもやっぱりSTARTRKEKが好きなのです。

現代地球の延長線上にある、まさしく私たちの未来。そんな未来の宇宙を舞台に、魅力的なキャラクターたちが今と変わらず様々な想いを持って生きている姿。それが好きなのです。

P1000018

TFK(Ten Forward KAWASAKI)なるSTARTREKの会があり、時々参加しています。

最近は忙しく、なかなか顔を出せていないのですが…来月こそは。。。

時々、フィギュアの撮影会になったりするのですが(笑)それが楽しかったりします。

P1000009

薄暗い店内での撮影ですので、カメラ的には厳しい環境です。

それを手持ちで撮るのですから、手ぶれ必至な環境。

そんな時に、F1.7と明るいレンズの20mm 単焦点は重宝するのです。

P1000010

お気に入りの写真。

今年は、1回でも多くTFKに参加できますように…(祈

野鳥と望遠レンズ

114230_sp_s

ズームレンズの中で最初に手に入れたのは、標準レンズ(14-45mm)、望遠レンズ(45-200mm)の2種類でした。のちに14-140mmという便利な望遠レンズを購入し、45-200mmの出番が激減しているのですが…35mm換算で400mm相当という望遠レンズは、野鳥撮影にも向いています。時々、使ってあげないとなぁ…。

最初のM4/3機、LUMIX G1での撮影です。

114031_sp_s

梅林で嬉々として飛びまわるメジロ。

一脚・三脚なしの手持ちで撮影しています。

141645(1)_s

これは、ベランダに遊びに来たスズメ。

バレないように窓とカーテンの隙間から狙って撮っています。

114230_sp_s

「青空と梅とメジロ」とでも表題を付けたくなります。

YAMAHA HPH-PRO500

P1010813

YAMAHAが高級ヘッドホンに復帰しているのをご存知ですか?

私はずっと、4,000円台のPanasonicのヘッドホンを使い続けていたのですが、ふと見たYAMAHAのロゴが格好良くて調べだしたのでした。

…すると、まぁお高い(汗 最上位のは無理だなぁ…と、中級機のPRO400を視聴しに量販店へ行きました。

P1010809

YAMAHAのロゴ。
私は元々、ヤマハのピアノ技術者ですので、とてもとてもヤマハ製品が大好きです。

エレキアコースティックギターも、ホームシアターやスピーカー、エレキギター用のアンプもヤマハ。昔作曲に使っていた外部音源だって、ヤマハです。

 

さて、量販店にある試聴用PRO400で日頃聴いている音楽を再生してみると…4,000円台のヘッドホンを捨てそうになりました(笑)上を見たらキリがないと、今まで高級機の試聴を避けていたのですが…ここまで違うとは(愕然)

音のクリアーさはもちろん、音の分解感が違いすぎる。4000円台のヘッドホンが「音楽が塊で聴こえる」のと比べて「オーケストラの楽器の音色が聴き分けられるだけの詳細な情報がありつつ、一体感がある」そんな感じ。

 

P1010810

ヘッドホンは、こんなケースが付いています。
多分、私は普段使いしないと思いますが、しまって持ち歩けるのは便利そうです。

ふと、隣に最上位機PRO500の試聴機が…事前調査でPRO500は4.5万円ほどしていたので「絶対手が出ないけど、き、聴くだけならね」 と聴いてみたところ…

「あっ…PRO400より格段に上だわ…」
分解感が高いのはPRO400と同じですが、空気感と奥行き感がある。

そこからしばらく、PRO400とPRO500試聴ループ。同じ曲を聴き比べて、音の印象を確認、確認。

 

P1010814

この大きくデザインされているロゴがまた、格好いいですな。

色は黒と悩んだのですが、レーシングブルーが格好いいでしょう。

人の耳って、贅沢を覚えるとダメですね。もう4000円台のヘッドホンには戻れないし、PRO400の音にも戻れないのです。PRO500の方が重い…それを差し引いても、PRO500の方が良いという結論から変わることはありませんでした。

P1010815

バンド部分のロゴもかっこいい!

悩みつつ価格表示を確認したら、あれ??PRO400+1500円ほどで…買える。

えぇぇぃ、買ってしまえ!

レジに商品カードを持って行ったら、在庫無くて…取り寄せで今日の受け取りになりました。しかも、一時的にPRO400より安くなっていて、とても安価に買えたのでした。

購入価格がいくらでも、音の価値は変わりませんからね。

P1010816

折りたたみ収納できる機構が付いているので、こんな感じになります。

帰ってきて音を確認。

試聴用よりはまだ固いけど、やっぱりいい音です。満足♪

P1010812

YAMAHAロゴ、Mの中央が下に届いていないので、MusicのYAMAHAロゴですね。
音叉ロゴも、外円に音叉が触れていないので、音楽のYAMAHAロゴです。
Mの中央が下に届いているのは「MotorのYAMAHAロゴ」と言われます。
音楽のYAMAHAロゴなのに、カラーは「レーシングブルー」っていうのが面白いです。

ちなみに、高いヘッドホンを買うのだから…とbeats PROも試聴したのですが、クリアーさがYAMAHAの方が好みでした。
そんなわけで、GX1と20mm単焦点で購入Reportをお届けしました〜。(こじつけ)