Category Archives: LUMIX GF1

鳩、人馴れしすぎ

このページに載せた写真は、たしか鎌倉ですね。

たしか鶴ヶ岡八幡宮 の源平池、旗上弁財天社のあたり。

なかなか強心臓な鳩がおりましてね、手に乗るは、肩に乗るは。

P1050268

そもそも、この辺りは鳩が多いです。

平和の象徴などと言われるハトさんですが、駅前以上にたむろしている姿はなかなか圧迫感があります。

P1050275

またこの子、悪そうな目つきしてるでしょう(笑)

旗上弁財天社では、鳩の餌を販売していたと記憶しています。

P1050277

もう、手だろうが腕だろうが…

P1050278

子どもの肩だろうが(笑)

うちの息子も、野鳥の鳩が肩に乗るのは予期していなかったらしく、笑いつつ腰が引けてました。文鳥を肩に乗せるのとは全然違うからね…。

年末年始や観光シーズンを外して、のんびり撮影に訪れたいものです。

ネコと単焦点レンズ

ネコはよく撮る被写体でしたが、最近撮ってないなぁ…江ノ島行きたいです。暖かくなったら行こう!

来週末には、OLYMPUS AIR A01が届くし♪ AIR A01はLUMIX G 14mm F2.5と、もう一つ「LUMIX G 12-32mm F3.5-5.6」を常用レンズ候補に挙げています。24mm相当と広角なのと、軽量コンパクトなズームレンズなこと。これは魅力的です。

P1040709_sp_s

本題に戻りましょう。

このページの写真は、時期は違えど全部江ノ島ですね。

P1040725_sp_s

このネコさんは、だいぶ自由な感じ。単焦点レンズですのですぐ近くで撮っているのですが、お構いなし。のんびり顔です。

 

P1010006

遠くを見ちゃってる系。モノオモイに耽る…ではなく、鳥でもいたのでしょう。

 

P1010007

ネコといえば、なぜかキチンと座る。前脚は揃ってる。これが、素敵!!

 

P1010005

身だしなみは、大切だよね。

外ネコさんたちですが、代替わりしつついつも良い表情を見せてくれます。

STARTREKと屋内撮影

私は、STARTREKなる海外ドラマ&映画シリーズが大好きなのです。つい最近、映画STAR WARSを6作通して観たのですが、それでもやっぱりSTARTRKEKが好きなのです。

現代地球の延長線上にある、まさしく私たちの未来。そんな未来の宇宙を舞台に、魅力的なキャラクターたちが今と変わらず様々な想いを持って生きている姿。それが好きなのです。

P1000018

TFK(Ten Forward KAWASAKI)なるSTARTREKの会があり、時々参加しています。

最近は忙しく、なかなか顔を出せていないのですが…来月こそは。。。

時々、フィギュアの撮影会になったりするのですが(笑)それが楽しかったりします。

P1000009

薄暗い店内での撮影ですので、カメラ的には厳しい環境です。

それを手持ちで撮るのですから、手ぶれ必至な環境。

そんな時に、F1.7と明るいレンズの20mm 単焦点は重宝するのです。

P1000010

お気に入りの写真。

今年は、1回でも多くTFKに参加できますように…(祈

植物・花と20mm単焦点

マイクロフォーサーズのレンズで評価が高いものの一つに、LUMIX G 20mm F1.7があります。

写りがよく、明るくボケ感も綺麗なので重宝するレンズの一つです。

掲載写真は、LUMIX GF1での撮影になっています。

P1010780_s

サボテンのトゲトゲ。

規則正しさがなんともいえない感じ。植物というか、生物に見える。

P1020981_s

花を撮るとき、20mm単焦点の特徴を活かす撮り方。

主役の花を決めて位置決め、ぼかす背景を選ぶ感じ。

P1010806_s

逆に花でも、ぼかしを使わずに平面的に切り撮る。

気に入っている写真の一つです。

 

LUMIX G 20mm F1.7なレンズは、とてもとても重宝するレンズです。後継レンズが出ているので、そちらの写りも気になりますが…そうそう同系統のレンズを買っていられませんね。。。

懐かしい江ノ島ネコ

P1040548_s

仕事で2ヶ月に1回のペースで江ノ島に行っていた頃は、よく猫さんたちの写真を撮りました。
この子は特に仲良くしていたネコで、こちらを覚えてくれていたようでした。

キリッとカッコよく目線をくれています。

何枚かまとめて写真を載せますね。

P1030179_s

P1040542_s

P1030173_s

P1030165_s_spこの子は、膝の上に乗ってきてしばらく寝ていたり(仕事なのでスーツですけどね…(^_^;))、舌を出して寝ていたり…

 

観光客の接待に疲れて、ずべっと前脚を投げ出して寝ていたりと、印象深いネコでした。

 

私の目の前を通るとき「にゃー」ってご挨拶してくれるんですよ〜。なんて可愛い。

 

ある時を境に姿を見なくなったのが、残念でもありました。

P1020613_sp_s

P1000628_s

またネコ写真を撮りに、のんびり江ノ島へ行きたいものです。

ドレスアップGF1 / スナップケース編

 

※2010年の記事を再構成しています。

P1030512_s

 

CP+ 2010にて澤村徹さんの講演を聞いた影響で、GF1にドレスアップをと出来る範囲で進めています。

今回は、スナップケース。

P1030516_sp_s

以前から狙っていたAki-AsahiさんのGF-1用革スナップケースです。送料込みで9800円でした~。

P1030514_s

 

P1030515_s

ダークタンの色は、使用中のストラップ(クラシコPP/スプートニク)とピッタリ合っていい感じです。グリップ感は、純正本革ボディケースの方が上の印象。“ドレスアップ”ですから、見た目を重視で“r(^^;)

気になるのは、ホックの位置。シャッターを押す時に、人差し指が当たるんですね。それだけ、少し残念。なんとなく邪魔なのです。

P1030517_s

背面の仕上げは、こんな感じ。

液晶周りの保護と言う点では、純正よりもこちらが上ですね~。ボタン操作に感しては、確かに押しにくくはなるのですがAF/MFボタンが極端に押しにくい以外は、別に問題はナシ。

P1030518_s

GF-1用革スナップケース、ワタシ的に最大のポイント。

USB接続用の窓があいているので、データの吸出しにケースを外さなくて良い♪これは、撮る度にPCに吸い出している身としてはありがたいデス。

P1030523_sp_s

これにて、LUMIX GF1 のドレスアップ記事は終了です。

2010年当時の記事を再編集していたら、GX1に革を貼りたくなってしまいました(^_^;) 近々、記事になるかも??

ドレスアップGF1 / ストラップ編 2

※2010年の記事を再構成しています。

P1030026_sp_s

ULYSSESさんのストラップ「スプートニク」が到着しました。

箱は、クラシコPPの時と同じ。こんな感じでパッケージされていました。

P1030027_sp_s

2ピース構成になっています。革の色は、クラシコPPと同様にチョコレートを選択しました。

P1030041_s

商品ページには400g以下で使用するようにと記載されていますが、耐荷重としては600gちょっとあっても問題ないとのことです。先端を引っ張ることで円部分が小さくなり手首を締め付けるような構造になっているため、400gと目安を記載しているようです。

P1030044_s

クラシコPPと共に、LUMIX GF1に取り付けるとこんな感じに。手首に通して持ち歩くにも、撮影時のサポートにも、想像した通りの使い心地。コレは購入して大正解でした!

スプートニク。GF1との相性、とても良いのではないでしょうか。カラーバリエーションも豊富ですし、楽しく選べます。GF1をハンドストラップのみで運用する方には、とてもオススメしたい商品です。

※現在は、クラシコPPはGF1で、スプートニクはGX1で使用しています。

デジタルカメラケース通販ストラップ販売「ULYSSES」

 

 

P1030107_s

P1030106_sp_s

翔唯に撮ってもらいました ^^

ドレスアップGF1 / ストラップ編 1

※2010年の記事を再構成しています。

P1020619_s

貼り革の次は、ストラップです。

注文していた『GF1用レザーカメラストラップ CLASSICO PP(クラシコPP)』が到着しました。

クラシコPPは、デジタルカメラケース通販ストラップ販売「ULYSSES」さんで取り扱っている、とても魅力的なストラップです。

【 特 徴 】

・GF1特有の非常に細いスリット型アイレットに最適化。
・二種類の革を張り合わせ、今までの革ストラップに無かったしなやかさと強度を両立。
・非常に柔らかいので、首に負担が掛からず、手首に巻くのも容易。
・金属パーツを一切使用していないので、ラフに巻きつけてもカメラを傷つけない。
・ブラック/チョコレート/ブラウン/ヌメ/オリーブ/インディゴのカラー。

詳しくは、商品ページをご覧下さい。
http://ulysses.jp/products/detail212.html

とても個性的で印象的なストラップに一目惚れして、発売直後に注文させて頂きました。

P1020455_s

ULYSSESさんの商品は、とてもステキな箱に入っているのも特徴かと思います。

P1020456_s

 

箱を開けると革の匂いがして、とてもいい感じです!!

P1020621_s

GF1付属の純正ストラップと比べてみます。CLASSICO PPの方が細く、2枚重ねな革の分だけ肉厚な感じです。触った感触では強度は十分です。その割にとても柔らかいです。金属パーツ、カシメの類も使われておらず、ボディに傷が付く心配はありませんね。

P1020627_s

色は、悩んだ末に「チョコレート」を選びました。黒では、純正と見た目が代り映えがしないので。どの色も魅力的でした〜。

革とPPテープの接合部分も、しっかり縫われています。とんでもない負荷をかけなければ、安心して使えます。

P1020630_s

純正のストラップを付けていた時とは、ずいぶん印象が変わります。貼り革の効果と相まって、なんだかシックな感じに。

P1020631_s

 

クラシコPPの柔らかさが伝わると思います。

P1020633_s

全体像としては、こんな感じ。革製品は使い込んで手に馴染むのが楽しみです。

ドレスアップGF1 / 貼り革編

※2010年3月の記事を再構成しています。

澤村徹さん のセミナー(CP+2010)の影響をモロに受け、今までノーマル純正で使っていたLUMIX GF1に少しずついろいろやってみようと動き始めました。

P1020384_sp_s

 

とりあえずは、貼り革。自作するほど器用でないので、キット購入です♪
Panasonic デジタル一眼カメラ ルミックス GF1 用貼り革キット マット 【送料無料】

 

P1020599_s

まず、向かって右側を貼ります。ブランドロゴ、開閉蓋部分に気をつければ難しくなかったです。

おぉ~、なんかいい感じ♪ 次は、左側を貼ります。

 

P1020602_s

向かって左側を貼ります。

最初は、ブランドロゴと開閉蓋の2箇所を気にする右側が大変かと思ったのですが、実は左側のほうが気を使いました。グリップ部分を綺麗に貼らなきゃなのです。。

位置決めは、かんたん。グリップの銀のラインがガイドになってくれます。そこを基準にして、グリップ部分に沿ってゆっくりゆっくり…貼れました(^-^)/

完成♪

P1020611_s

仕上がったGF1を、正面から撮りました。
撮影には、LUMIX G1+LUMIX G Vario 45-200mm F4-5.6 MEGA O.I.S.使用です。

貼り革を単体で見た時には実はチープな第一印象だったのですが、貼ってみたらやはり似合う。いい感じです♪

次は…「ULYSSES」さんからストラップが届くのが楽しみです♪

 

REBOOT

P1030144_s

 

ご無沙汰してます。

LUMIX FAN .NET 管理人のたばてぃです。

サイトの方向性で悩み、また忙しいことも重なって放置していました。

 

今回、基本的には過去コンテンツを放棄して「写真」という原点に還ったサイト運営をしようと思い「REBOOT」することにしました。FZ5、7,8,18を経て、G1,GF1.GH2,GX1という幾つものLUMIXで取り続けてきた写真のストックを見直して、撮影時期にかかわらず選んだ写真を載せていこうと思います。もちろん、最新写真も ^^

しばらくは、旧サイトからのサルベージ記事も載せると思いますが、お付き合いいただけたら幸いです。引き続き、よろしくお願いします。

 

自分メモ(旧サイト