リトルプラネットだけじゃないTHETA

THETAで撮る360度写真は、その後の加工でリトルプラネットにして楽しむことができます。

しかし、それだけではないです。リトルプラネットになる手前の状態で写真として仕上げることもできるわけで、それがまた面白いです。

これは、自撮り棒で蓮の花近くまでTHETAを近づけて撮った写真です。

まるっと丸めるよりもこの方が面白かったので、ここで保存。

逆に、リトルプラネットにする前提で撮ることもあります。まだTHETA経験が浅いので仕上がりを先読みして撮ることのほうが少ないですが、撮ってからどんな写真に仕上げるかを模索するのも楽しいことです。

コメントを残す