CP+2015/OLYMPUS AIR A01

IMG_0636

CP+2015、初日に行ってきました。

無計画な私は昨夜ようやく事前登録をし、今日の昼過ぎの予定を終えてから「今日CP+へ行く」ことを決めたのでした。

長年、Panasonic LUMIX一筋で来た私が今回主目的としていたのが、OLYMPUS AIR A01です。直感と勢いで、もう予約してしまいましたのであとには引きませんが、実機を触ってみようとパシフィコ横浜までやってきたのでした。

IMG_0628

着いて早々、OLYMPUSのブースへ。(これは、初日終了後の写真ですが…)

IMG_0634

OLYMPUS AIR A01、やはりボディは小さい!マイクロフォーサーズのマウント径そのまま。イメージとしては、以前流行ったマウントアダプターのような感じです。試用機にはズームレンズが付いていましたが、単焦点レンズを使えばとてもコンパクトに収まります。

ボディで受けた映像と、モニター代わりを務めるスマホ画面上での追従性…これは実機で確認したかったことでしたが、特に気になりませんでした。遅れとかは、目視ではなし。

IMG_0632

手に持ってみて、ボディは思いのほか温かい。構造上、熱は持つようです。ただ、係の方の説明によると40度以上にはならないとのことでした。

 

ボディとスマホを固定するアタッチメント部分にも興味があったのですが、おおまかに「LARGE」「SMALL」の切り替えスイッチと強めのスプリングで、予想していたよりしっかりと固定されていました。iPhone5sでもiPhone6 Plusでも大丈夫とのことです。

IMG_0633

円筒状のボディ+マイクロフォーサーズレンズとの組み合わせで、単焦点から超広角、望遠レンズまで多彩に楽しめるように作られています。個人的には、サイズ感も併せると単焦点が生きると思っています。

IMG_0631

このカメラ、私の周りでは賛否が大きく割れています。
私は、それをネガティブには捉えていません。

カメラは工業製品で、広く多くの人に購入してもらうことが必要です。そのためには多くが納得する機能やデザインを選んで仕上げるのがメーカーの基本的な考え方になります。その中で、特色を出していくわけです。

写真は芸術作品で、カメラは作品を撮るための道具だと考えたときはどうでしょうか?
誰もがそれなりに使える筆を使うより、自分に合ったベストな筆を使いたい。その「ベスト」は、人それぞれ…。

そんな考え方もあるのではないでしょうか?
仕様表のスペックではなく、自分との相性という意味で。

そして、OLYMPUS AIR A01と私との組み合わせで、新たに創造される作品が楽しみなのです。

IMG_0635

OLYMPUSは、このカメラを万人受けするように作っていないような気もします。「日本限定」「OLYMPUS Online SHOP限定で発売」といった売り方をみても、このカメラに共感するニッチな層をターゲットにしていることが見て取れます。

しかし、それだけで終わらない「仕掛け」も用意しています。

オープンプラットフォームカメラという言葉、

OPC Hack & Make Project …

デベロッパーやクリエイター、ユーザーと共に創る「新しい写真体験」

先々どんなアプリ、周辺アクセサリーが、出てくるのか楽しみでもあります。

 

一般的なカメラボディなしでもマイクロフォーサーズレンズで写真撮影可能な「OLYMPUS AIR A01」速攻フォトレビュー/Gigazine

コメントを残す